サラリーマン川柳☆サラリーマンのお小遣い稼ぎ

サラリーマンのお小遣い稼ぎに役立つ情報を集めています。



私もそうですが、アフィリエイト参入後発組であるほど、
これから伸びていく市場で勝負していくべきだと思いませんか?

私は例えばこれです。
興味を感じたら、クリックしてみてください! ↓↓




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サラリーマン川柳

☆この記事は、「ウィキペディア」から引用させていただいています。




概要

コンクールは1987年(発表は1988年)に始まり、以降毎年、募集選考が行われている。

内容は、好不景気や流行語など、その年の流行や世相を反映しながら、

サラリーマンの悲哀や

夫婦関係をユーモアや皮肉たっぷりに読んだものが多い。

日本漢字能力検定協会の今年の漢字、住友生命の創作四字熟語、東洋大学の現代学生百人一首、自由国民社の新語・流行語大賞と並んで、現代の世相を反映する一つの指標として使われることが多く、入選作が発表されると各メディアで取り上げられる。


最近の傾向

しかし最近では企業のリストラ進行や景気低迷によるうつ病や自殺の増加、「勝ち組」「負け組」の言葉に代表される格差社会の拡大、税負担の更なる増加やホワイトカラーエグゼンプションなど

サラリーマンを更に苦しめる政策、

熟年離婚の増加またはそれを推進させるような年金分割化などから、ユーモアといえなくなり、度を越えたブラックユーモアだ、残酷すぎるとの声もある。事実マスコミでは川柳を通して、

サラリーマンを

晒し者にするような報道をしている。(例:読売新聞2005年5月9日付記事)。また中日新聞2005年2月8日付のサラリーマン川柳を報じる記事では子守をする夫を嘲笑していたが、同紙は一貫して男女共同参画を支持しその一環として「男性の子育て」を主張しており、マスコミのダブルスタンダードが現れた報道との見方もある。もっとも、日本人男性に子育てを要求しつつ嘲笑したり、外国人男性の子育てを愛妻家と褒めるなど、多くの日本人女性はもともとこのようなダブルスタンダードをもっており、マスコミがそれを採り上げたに過ぎないともいえるため、マスコミにすべての責任があるとは言い切れない側面もある。


伝統的"川柳"愛好者からの批判と、"川柳"との相違について

月刊川柳マガジンの、サラリーマン川柳特集によると、「

サラリーマン川柳は、

社会風刺やブラックユーモア、短絡的な韻や駄洒落に偏るあまり詩(ポエム)としての要素がおざなりになっている」と伝統的"川柳"愛好者からの根強い批判がある。

サラリーマン川柳が

川柳の一ジャンルのみならず、半ば独立したひとつの表現形式として定着している証左といえよう。




<引用元>

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%B7%9D%E6%9F%B3

スポンサーサイト

テーマ:超初心者のアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/04(木) 19:44:39|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。