サラリーマンの世代別のお小遣いについて☆サラリーマンのお小遣い稼ぎ

サラリーマンのお小遣い稼ぎに役立つ情報を集めています。



私もそうですが、アフィリエイト参入後発組であるほど、
これから伸びていく市場で勝負していくべきだと思いませんか?

私は例えばこれです。
興味を感じたら、クリックしてみてください! ↓↓




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サラリーマンの世代別のお小遣いについて

☆この記事は、「サラリーマン 世代別のお小遣い」から引用させていただいています。



GEコンシューマー・ファイナ ンス(GE Money)より6月7日に発表された「2007年版 

サラリーマンの小遣い調査

」の結果によると、毎月のサラリーマンのお小遣いは、20代が5万6100円、30代が4万5500円、40代が4万2100円、50代が5万1300円という結果でした。

小遣いの使い道

は主に「昼食代」(55.6%)。次いで「趣味の費用」(35.8%)、「飲 み代」(29.6%)、「嗜好品代」(27.6%)、「雑誌・書籍代」(25.8%)と続きます。
※お小遣いとは、自分の裁量で使い道を決められるものという意味。

2007年の調査で は、平均小遣い額が4万8800円でした。2006年調査と比較すると3300円の“昇給”。2005年の4万600円、2006年の4万5400円に 続き、3年連続で上昇しています。
なお、バブル期以降の最低額は2004年の3万8300円。一方、これまでの最高額は1990年の7万6000円。景気と 同様に小遣いも“回復”しつつありますが、バブル期と比較すると3万円近い差があります。

もし

小遣い

が倍額になったら。
全体の41.4%が「貯蓄・投資」と現実的な回答。特に多かったのが20歳代で半数以上の52.0%に達しました。
このほか平均額に差がついたのは、未婚/既婚、子供の有無、居住地域の違いなど。未婚者は6万2000円で既婚者は3万7000円、子供がいる場合が3万 6900円、いない場合が5万9300円、関東4都県の居住者が5万9300円、それ以外では4万円。意外だったのは、共働きかどうかではどうかでは差が付かなかったこと。妻が専業主婦でも共働きでも毎月の小遣いは3万6800円でした。



<引用元>

http://www.jpita.or.jp/hpv3/news/news_727.html
スポンサーサイト
  1. 2008/08/27(水) 21:08:12|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。