サラリーマンNEO☆サラリーマンのお小遣い稼ぎ

サラリーマンのお小遣い稼ぎに役立つ情報を集めています。



私もそうですが、アフィリエイト参入後発組であるほど、
これから伸びていく市場で勝負していくべきだと思いませんか?

私は例えばこれです。
興味を感じたら、クリックしてみてください! ↓↓




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サラリーマンNEO

☆この記事は、「ウィキペディア」から引用させていただいています。



これまでバラエティ番組としてはあまり焦点があてられていなかった

サラリーマン社会

をネタにしたコントを中心に構成している。コンセプトは「NHKらしからぬNHKでしかできない番組」。番組内での企業名の積極的な表示(他の番組では控えられるが、

サラリーマンをネタ

にしていることもあって避けて通れない)や、一般には一見わかりにくい(内容を咀嚼できる視聴者層が絞られうる)シュールなコント、さらにはスタッフの笑い声が混ざったり[2]アドリブが多用されたコントなど、今までNHKでは半ばタブーとされていた内容を取り上げているのも特色といえる。

番組のメインキャストは、生瀬勝久を中心とした、普段はバラエティ番組には登場しない舞台系の俳優を中心に配しており、現在はいわゆる「お笑いタレント」が登場しない(初期の特番放送時には一部登場)のもこの番組の特徴である。この方針については、NHKのこれまでのお笑い番組が演芸主体になっており、コントに挑戦するためには他局と同じ番組を放送しても意味がなく、独自性を出すためであったとプロデューサーが取材で答えている。このスタイルについては、1983年頃に制作・放映された深夜番組『どんぶり5656』(ytv)の現代版と指摘する声もある[3]。

かつて番組タイトルに冠していた「謎のホームページ」とは、当初の設定でコントや企画VTRが、

疲れたサラリーマン

を癒す「架空のホームページ」上のコンテンツとされていたことによる。番組公式サイトは第2回の特番放送時に開設されたが、「謎のホームページ」らしさを出すため放送後の2004年秋から第3回放送決定まではわざわざ削除されていた。また、特番放送時には実際に公式サイトでコントや企画VTRの一部をストリーミング配信していたが、権利上の関係もあり、番組レギュラー化の時点でいったん終了、Season3開始時に復活している。いずれも広報としての位置づけである。



<引用元>

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3NEO
スポンサーサイト

テーマ:アフィリエイトを始めよう! - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/08/28(木) 20:36:09|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。